フィッシャーアーキテクトの理念

先祖代々食をつくり、暮らしを作る喜び。その結果生まれてきた風景である里山、人里、里海といった暮らしにおいて、領域概念を持ち込む必要はありません。滋賀県の中心となる琵琶湖という淡水で完結した同じ場所・同じ時間を共有しあい、存在することが結果としてその地域だけでしか生み出せない美しい風景となり、人々の生き生きとした暮らしに繋がると考えています。


 フィッシャーアーキテクトは、関係者全員が自分たちの暮らしを作っていく当事者として、淡水魚の漁業者としての新規就業を行い、加工、販売といった六次産業化の分野だけではなく、農業、林業といった自然産業と建築・土木をはじめとする様々な琵琶湖を取り巻く分野の方々との交流とそこで得られる発見を大切にし、多様な視点から漁師による景観づくりに取り組んでいきたいと考えています。

自然循環全体の構想を考え、里山、人里、里湖という淡水の循環構造を決めるアーキテクトとして、その過程で生まれる「琵琶湖で生きる喜び」が新たな想像力の源になると信じ、日々活動を続けていきます。

フィッシャーアーキテクト代表
駒井 健也

 代表者略歴

フィッシャーアーキテクト 代表

駒井 健也
Tatsuya KOMAI

これまで

1992年 滋賀の栗東生まれ、幼い頃から川で遊んだり、田んぼを走り回る日々を送る。

2008年 道路工事での自宅の立ち退きで、経済性のみを考慮した自然環境の喪失に直面する。

2015年 滋賀県立大学環境科学研究科環境建築デザイン学科卒業

2017年 滋賀県立大学大学院環境科学研究科環境計画学専攻環境空間意匠部門終了

2020年 琵琶湖漁師独立、フィッシャーアークテクト代表

現在の活動

山が湖に与える影響や、漁師不足に関心を抱いていました。

「漁師の暮らしや、琵琶湖にしかない水資源のすばらしさを伝えたい。そのためには自分自身が漁師になろう。」

そんな想いを持っていた時に出会ったのが、県内でエリ漁がもっとも多く創業されている、志賀町漁業協同組合でした。ここで修行をして、2020年に漁師として独立しました。

エリのある、蓬莱周辺の琵琶湖畔にて、飲食宿泊施設『Bi-wake up house』、移動販売『BIWACAR』をかまえて、新たな展開も進めているところです。

今まさに失われつつある、琵琶湖の風景の中で、琵琶湖に生かされ、琵琶湖の力を借りながら、暮らしの魅力を届けて、後世へ繋ぐために取り組んでいきます。

代表駒井が所属している 志賀町漁業協同組合についてはこちら